Return to site

日経平均30,000円越えはありえない。

· 市況雑感

“日経平均30,000円越え”

証券各社からは威勢のいい声が聞こえてきます。

一方で、証券会社が大げさなことを言い出したら売り。

そんな側面もあるのではないかと個人的には思います。

良きも悪きも証券会社も営利企業。

フォローのマーケットで稼ごうとするのは当たり前のことです。

やはり、このようなマーケットでは投資家のマインドも暖まっていますからね。

大口の商いもしやすい訳です。

ただ、現状のマーケットの主体は誰なのでしょうか?

この点も冷静に考えなければなりません。

結論から言うと、外国人投資家です。

つまり、ここもと買い続けてきた外国人投資家の買いポジションはたまりにたまっている。

いつ反動が出てもおかしくない訳です。

個人の売りが海外勢の売りを吸収出来る訳がありませんからね。

また、ここもとの上昇は日銀によって作り出された相場と言う側面もあるでしょう。

少し大げさではありますが、作られた相場と言う点ではリーマンショックに類似しています。

個人的には、決算期終了後には調整が入る気がしてなりません。

特に、インデックス投資家は決算期前に売り抜けた方が良い気がします。

あくまで私感ですがご参考までに。

※無料のニュースレターのご登録は下記より。週1回をメドに配信します。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly

Finanza Newsletterへのご登録

* indicates required